岩手・北海道で氾濫・浸水相次ぐ 11人死亡1人不明

スクリーンショット 2016-08-31 13.01.41

30日夜に上陸した台風10号の影響で東北地方を中心に大雨に見舞われ、岩手県と北海道の各地で河川の氾濫(はんらん)や堤防の決壊による浸水の被害が相次いだ。岩手県で11人の死亡が確認され、北海道では1人が行方不明になっている。

【写真】台風10号による大雨の影響で空知川にかかる橋が崩落した

岩手県の宮古地区広域行政組合消防本部によると、31日午前9時40分ごろ、同県岩泉町乙茂地区にある高齢者グループホーム「楽(ら)ん楽(ら)ん」で、入所者とみられる9人の高齢者の遺体が見つかったとの連絡が同本部に入った。県警は9人の死亡を確認した。そばを流れる小本川が氾濫して施設内に土砂が流入し、埋もれた状況で見つかったという。

県警によると、岩泉町の別の現場で男性1人の遺体を発見した。

国土交通省によると31日午前5時現在、岩泉町で小本川が氾濫し、国道や県道が通行止めになって周辺の住民約2千人が孤立している。釜石市や宮古市でも住民らが孤立している。県警によると、同日午前8時20分ごろ、久慈市山根町でがれきの中から高齢女性1人が遺体で見つかった。川の氾濫で流されたとみられる。久慈市で3件、安否を確認できない世帯があるという。

北海道では河川の堤防の決壊が相次いだ。南富良野町を流れる空知川では、31日午前4時40分ごろ、堤防が2カ所で決壊した。北海道によると、同日午前7時半現在で約200人が孤立状態になった。

帯広市中島を流れる札内川でも堤防が約200メートルにわたって決壊。芽室町では芽室川の水があふれ、周辺の道路や住宅が冠水し、20~30世帯が孤立した。

大樹町幸徳のヌビナイ橋では、31日午前1時40分ごろ、通行中のレジャー用多目的車(RV)が川に転落したと119番通報があった。道警広尾署によると、車には3人が乗っており、2人は自力で脱出したが、音更町の会社員男性(28)が車ごと流されて行方不明になっている。橋は一部が崩落しており、そこから落ちたとみられる。3人はコンサルタント会社員で、別の川の水量を調査した帰りだったという。

31日未明に温帯低気圧に変わった台風10号は、東北北部や北海道南部を暴風域に巻き込みながら進んだ。通常は本州に近づくにつれて勢力が衰えるが、今回は日本海付近の寒冷の渦の影響で勢力を維持した。

同日未明~朝までの48時間雨量は、北海道上士幌町で312ミリ、福島市で288ミリ、岩手県久慈市で278ミリを観測。北海道南富良野町では31日未明までの24時間雨量で171ミリの大雨となった。同県宮古市や岩泉町では30日夕方までの1時間雨量が70~80ミリを記録し、観測史上最多となった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です