メルセデス・ベンツ 新型「Eクラス」を日本に導入

スクリーンショット 2016-08-05 10.48.29

メルセデス・ベンツ日本は2016年7月27日、新型「Eクラス」を発表した。安全運転支援システム「ドライブパイロット」や、新開発のディーゼルエンジンを搭載している。価格は675万円~988万円。

■メルセデス・ベンツの基幹車種が10代目に

新型Eクラスは、世界で累計1200万台以上の販売台数を誇る、メルセデス・ベンツの中核モデル。10代目となる新型には、快適性や安全性を高める多数の新技術が導入されているほか、メルセデス・ベンツの最新デザインを取り入れたエクステリアと「Sクラス」譲りの上質なインテリアが備えられ、スタイリッシュな魅力あふれるプレミアムセダンとなっている。

さらに、新開発のディーゼルエンジンに、軽量設計と優れた空力特性を組み合わせることで、セグメント最高レベルの燃費効率を実現。また上級グレードの「E400 4MATICエクスクルーシブ」には新開発の電子制御式エアサスペンション「エアボディーコントロール」が標準装備される。

ラインナップと価格は以下の通り。
・E200アバンギャルド:675万円
・E200 4MATICアバンギャルド:698万円
・E220dアバンギャルド:698万円
・E200アバンギャルド スポーツ:727万円
・E220dアバンギャルド スポーツ:750万円
・E250アバンギャルド スポーツ:756万円
・E400 4MATICエクスクルーシブ:988万円

発売は「E200アバンギャルド」および「E200アバンギャルド スポーツ」が7月27日の発表同日。「E200 4MATICアバンギャルド」「E220dアバンギャルド」「E220dアバンギャルド スポーツ」「E250アバンギャルド スポーツ」「E400 4MATICエクスクルーシブ」は10月以降を予定している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です