ネットショッピング市場に参入するための初期投資はいくら必要?

e-commerce-402822_1920-400x270-mm-100
▽伸び続けるネットショッピングの需要
 ●ネットショッピングの利用率
(出典)総務省「社会課題解決のための新たなICTサービス・技術への人々の意識に関する調査研究」(平成27年)

「ネットショッピングを利用する」と回答した人にその理由を尋ねたところ、年代によって若干の差が見られた。「買いたいものが検索機能等ですぐに探し出すことができ、時間の節約になるから」や「自宅に持ち帰るのが大変な重いものが手軽に買えるから」を理由として挙げる人の割合は、年代が上がるにつれて上昇する傾向にある。「実店舗に出向かなくても買い物ができるから」を理由に挙げる人の割合も、60代以上が最も高い。これに対し、「実店舗よりも安く買えるから」や「実店舗よりも品揃えが豊富だから」を理由に挙げる人の割合は、60代以上では他の年代に比べて低くなっている (図表2-2-4-2)。総じて、商品の安さや豊富な品揃えを求めてネットショッピングを利用する人は若い年代に特に多く、実店舗で商品を購入する時間や労力を省くためにネットショッピングを利用する人はシニア層に特に多いことがわかる。

ネットショッピングを利用する理由(年代別)

 

▽ネットショッピング市場に参入しない(できない)理由
上記総務省が公開したデータからも読み取れるように、ネットショッピングの需要は近年さらに伸び続けている。
しかし、個人商店や農家、規模が小さい会社ではそこにかけられる労力は限られており、ネットに疎い人も多く、ネットショッピングに参入したくてもできないという人は多く存在する。
また、楽天やamazon等の大手ネットショピングモールに出店するには莫大な初期投資が必要になり、それも参入を阻む大きな壁になっているであろう。売れるかわからないものに投資したくないのは、誰しもが思うことである。

 

▽労力と初期投資をかけずにネットショッピング市場に参入する方法
例えば、楽天市場に出店する場合何十万〜という初期投資と画像や商品の登録に費やす労力、htmlを始めとしたパソコンの知識も必要になるが、『出品代行サービス』を利用すれば、それらの問題点が解決される。
また、この『出品代行サービス』は初期費用が必要なく、商品が売れればその分の手数料を払うという形であるため、無駄な投資をする必要がない。商品登録はもちろん業者がおこなってくれるため、新たにネット人員を増やす必要もなく販路を広げることができる。
気になる人は、こちらに問い合わせてみてほしい。

 

http://yumeno.yorozu.xyz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です