【FX入門】ロスカットとは

Monopoly Money

<ロスカットとは>

ロスカットとは、含み損が大きくなりすぎた場合に自動的に行われる強制決済のことをいいます。
FXには、株のように値幅制限いっぱいまで売買できる「ストップ高」「ストップ安」といった仕組みがありません。また、レバレッジを高くかけることができる反面、損失もかなり大きくなってしまう可能性があります。証拠金が全額なくなってしまうばかりか、不足金が発生してしまう可能性もあります。
それらのリスクを避けるためにあるのがロスカットです。

<ロスカットレベル>

ロスカットが適用されるのは、あらかじめ設定されているロスカットレベル(必要証拠金維持率)を下回った場合です。
証拠金維持率とは、担保として預け入れた証拠金の金額から、現在の含み損(現在のレートで決済した場合に発生するであろう損失)を差し引いた時の割合のことです。

これが、決められた割合(ロスカットレベル)を下回ると、ロスカットが適用され、投資家にとって不利な為替レートであっても、即座に決済が行われます。これによって、証拠金の大半を失うことになりますが、証拠金以上の損失が出るのを防ぐわけです。
ロスカットレベルの基準は取引会社によって異なりますが、20%~30%に設定しているところが多いようです。中には、3段階から選ぶことができたり、自分で設定できたりする会社もあります。取引を開始する前に、しっかり確認しておきましょう。
また、マージンコールが発生したにも関わらず、期限までに改善されない場合は、ロスカットレベルまで達していなくても、ロスカットが執行されることもあります。

<証拠金以外の損失に注意!!>

また、マージンコールが発生したにも関わらず、期限までに改善されない場合は、ロスカットレベルまで達していなくても、ロスカットが執行されることもあります。

ロスカットが執行されると、コンピュータが自動的に決済します。これによって、基本的には証拠金以上の損失は出ません。つまり不足金が発生したり、借金をしたりすることはありません。
ただし、為替レートが急激に変動した場合には、実際に執行されるレートが、ロスカットの水準から大きく離れてしまうことがあり、その場合には、預け入れた証拠金以上の損失が発生することもあります。
ロスカットは、証拠金の大半を失う強制決済です。これを避けるためにも、証拠金に余裕のある取引を心がけ、レバレッジを高く設定しすぎないようにしましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です